HOME | お知らせ

お知らせ

  • 2020年3月23日

    스펙터클

    新型コロナウイルスは世界各地で広がり続けています。日本でも毎日報道され、専門家の方々が各メディアで様々な意見を述べています。今回のコロナウイルスに関しては、専門家の間でも意見が多岐に分かれています。各専門家や国が発している事はどれも正しいことだと思いますが、それらを真面に聞き入れてばかりでは良くないと思います。
    コロナウイルスに感染しないようにと気を付けて行動も制限し、普段の行いも制限している間に、身も心も萎縮していないですか?大丈夫ですか?

    コロナウイルスにばかり気を付けている間に、他の方面が悪影響を受けて健康を害すことは多々あります。先の見通しが立つものならば良いですが、コロナウイルスに関しては、全く見通しが立たない状況です。各専門家が発言している感染ルートや収束期間などは、希望や憶測でしかありません。コロナウイルスのような自然界で起こる事、目に見えないものはコントロールできないのが現状です。しかし自身の身体は免疫を正常に保ち感染しにくい状態にコントロールしていくことは可能です。
    感染期間が長引けば長引くほど、怖がってばかりはいられない、情報を気にしてばかりはいられない、と言う覚悟を持ってなるべく普段通り行動していくことだと思います。

    大切なことは、身体の内から強くしていくことだと思います。もし感染しても重症化しないことが何よりも大切です。今回の新型コロナウイルスはさほど病原性は強くないと言われています。しかし現状は重症化して亡くなられている方も多々います。数年前から世界の感染対策専門機関が監視を続けている新型鳥インフルエンザ(H5N1型高病原性)があることをご存知でしょうか?このウイルスは強毒型で非常に病原性が高いことが解かっていて、もしこのウイルスが人への感染力を獲得してしまうと非常に致死率も高く恐れられています。すでに毎年、数は少ないですが人への感染も報告されています。
    言い方は悪いですが、今回の弱毒型のコロナウイルスでさえ、このような日本の政府・専門家の対応・考え方では、いざと言う時は何もできない、頼れないと実感しました。

    この機会に各人が少しでもウイルスと免疫の関係を正しく理解して、自身の内から免疫を強くする発想を持っていてほしいと思います。
         おなじウイルスに感染して、重症化する人、重症化しない人がいます。その違いは何でしょうか?
    ウイルスは人の粘膜などに付着してそこで増殖したり、粘膜から体内に侵入して増殖しようとします。それに対抗して免疫細胞がいち早くウイルスを察知して、サイトカインという物質を全身に放出して他の免疫細胞にウイルスの存在を知らせます。そして最終的には免疫細胞がウイルスを退治します。しかしウイルスを察知するのが遅れたり、察知しても全身の免疫細胞に伝えるスピードが遅かったりすると、その間にあっという間にウイルスの大量増殖を許してしまいます。そうなるとウイルスに侵されてしまい重症化します。『ウイルスの増殖・侵入のスピード』と『免疫細胞の対応スピード』の勝負なのです。

    ウイルスに対して、ワクチンは作れても薬はありません。ワクチンとは免疫細胞がウイルスを素早く察知できるように手助けするものです。細菌に対しては、細菌を退治する薬がありますが、ウイルスに対して薬は無く、ワクチンが退治するわけでもなく、ウイルスを退治するのは免疫細胞のみです。必ず免疫細胞は遅かれ早かれ、弱かれ強かれウイルスに対応します。その証の一つが発熱です。

     その免疫細胞が、素早く、強く、ウイルスに対抗するには、『身体を動かし運動する』ことです。

    ウイルスになるべく接触しない注意は必要ですが、何もかも自粛〃の発想ばかりでは良くありません。なるべく身体を動かし、血流・リンパ液を巡らし免疫細胞がいち早くウイルスに対応できるようにしておくことが大切です。運動して汗をかくことで、内から外へ流れを作り、細胞の活性化にもなりウイルスに感染しにくくなります。
    具体的には、時間が無い方は時々でも良いので30分以上連続で運動することが望ましいです。早歩きや階段の上り下りでも良いし、家の中で踏み台昇降もおすすめです。特に踏み台昇降は場所も取らないし、テレビなど見ながら天候に関係なくできます。体の弱い方もご自身の体力に合わせて行えます。初め30分はきついですが慣れてくると楽にできるようになります。慣れてきたら徐々に台の高さを上げていってください。
    運動して10~15分までは、身体がウォーミングアップしている段階で、徐々に自律神経が切り替わり、血流もアップし始め、身体も温まってきます。
    15~30分以降になると、身体が活動モードに切り替わった段階で、汗が出始め、心拍数も上がり細胞が活性化して、酸素のやり取りも活発になり、余計なもの悪いものはも内から外へ排出されます(ウイルスも発散)。水分補給も忘れずに!!
    ウイルスに感染しないようにびくびく萎縮することばかりではなく、動いて、動かして身体を萎縮させないようにして、免疫を正常に保つ発想に変えていきましょう。

    運動以外でウイルスに対して免疫の対応力を補う方法。
    表証…ウイルスに感染しはじめで、まだ体内に侵入していない状態。寒気やくしゃみ・鼻水・せき・頭痛などがあり、発熱も始まる時期(免疫が発動し始める時)⇦ウイルスが入り込まないように内から外へ追い出す力を助ける発散性の解表薬を使う。葛根湯や麻黄湯のような麻黄剤など。
    注意!!この時期を過ぎてしまうと上記の葛根湯や麻黄湯のような強い麻黄剤は使用してはいけません。逆に体力消耗・免疫低下を招いてしまいます。
    ウイルスの侵入を予防する目的で長期に服用できる麻黄製剤(体力を補うものも入り、お年寄りや・妊婦・幼児も服用できるようにしている。)もあります。

    半表半裏証…ウイルスが粘膜だけでなく体内に入り込み始めている状態。食欲が落ち・熱が続き・からだが重だるく体力が落ちはじめ脱水も進んでくる時期(免疫細胞が必死に戦っている時)⇦血流・リンパ液の流れを巡らし、炎症悪化を防ぐ柴胡剤を使う。
    注意!!この時期から徹底して水分補給し脱水を早めに予防すること。

    裏証…ウイルスが完全に体内に侵入し増殖・炎症を起こしている状態。熱が出たり引いたりして、脱水も進み、息苦しく、脈も速くなり呼吸も浅く重症化の時期(自身の免疫細胞だけではウイルスに負けている時)⇦とにかく体力を補う補剤を使う。
    注意!!何か手を打たなければ命が危ない状態です。

    このような時には、一般的な漢方処方では歯が立ちません。その時は麝香・牛黄製剤を多量に服用します。この麝香即効的に脈や呼吸そして免疫力の正常化効果があります。また牛黄にも炎症を消し血液を巡らせる効果に優れています。いざという時はこれしかないと言っても過言ではありません。ぜひ覚えておいてください。

    ●その他…多糖体や水溶性リグニンなどを多く含む免疫に優れた免疫商品も効果的です。
    多糖体…免疫活性(調整)作用
    水溶性リグニン…抗ウイルス作用、抗酸化炎症作用、免疫活性(調整)作用など
    が多くの研究機関で学会発表されているものです。

    新型コロナウイルスで一番大切な事は、高齢者、重い持病のある方、妊婦、幼児だけは、徹底して注意を払い、その周りの方は感染させないように注意して、その方々のために病院(病床)を空けておきましょう。

    今回の新型コロナウイルスを機に、いずれ来る強毒型(H5N1型)ウイルスにも備えるつもりで、積極的に身体を動かして免疫力を保つ習慣を身につけてほしいと思います。

    Download the Omron plc program Autocad 2014 Korean edition 질러팅 Rix Square Gothic l