HOME | お知らせ

お知らせ

がん克服の食事①

2019年10月3日

실적증명서

 

免疫細胞が大集合している腸内を『短鎖脂肪酸』で満たすこと。

そのためには、毎日、毎食『水溶性食物繊維』を摂りましょう。

ω3脂肪酸も一緒に摂りましょう。(体内の慢性炎症を抑えます。

★腸から免疫を立て直そう。実際にがん患者さんの便には、短鎖脂肪酸がほとんどなく、健康な方の便には短鎖脂肪酸が多く含まれていることも解かっています。食物繊維は大きく『不溶性』と『水溶性』の2種類に分けられます。どちらも腸内環境を整える働きがありますが、善玉菌が特に好み、免疫の正常化に影響が大きいのが水溶性食物繊維です。具体的には、海藻類・きのこ類・根菜類やネバネバした食品です。最近の研究で、欧米など世界11か国と日本の健康な人の腸内細菌を詳しく比較したところ、驚くべきことがわかりました。日本人の腸内細菌は、食物繊維などを食べて『酪酸(短鎖脂肪酸)』など免疫をコントロールするような物質を出す能力が、他の国の人の腸内細菌よりずば抜けて高かったのです。

ストレスや肝臓の疲れ、また、内臓脂肪、強い薬の副作用で、体内で炎症系サイトカインが放出され全身の体内は慢性炎症状態になります。この慢性炎症こそが、がん細胞の増殖・転移・再発の原動力です。特に再発・転移に関わるがん幹細胞の脅威です。抗ガン剤を投与するとがん細胞は次々と死んでいきます。一旦、がん細胞は消えてしまったように見えますが、しかし、がん幹細胞は生き残ります。抗ガン剤が効きにくいのです。この体内に残ったがん幹細胞が体内の慢性炎症状態を利用して、エクソソームなどを細胞外に放出して、自分自身が転移し増殖する環境を作り、栄養を引き込む血管を作り、免疫細胞を操っています。
ここを断ち切るためには、腸内を短鎖脂肪酸で満たし、腸管の免疫細胞の正常化を促すことで、慢性炎症を改善し、正常なエクソソームの分泌を取り戻せます。がん克服の一番の力になります。

원피스 버닝 블러드 아이튠즈 xp Download Movie Ducking Download the statue