HOME | お知らせ

お知らせ

  • 2019年10月12日

    msvcp120 dll 다운로드

    ★手間がかからず、しかも保存料・添加物も無しの安全で効果のあるものを見つけてください。!!

    がんになった時、特に抗ガン剤治療中に何が一番大変か?
    食欲もなく、簡単な食事を準備する気力・体力もないくらいに身体もだるい状態で、身体に良い食事やがんに効果のある食事が解かっていたとしても、毎日・毎食・長く続けていくことはとても負担がかかりストレスになりかねません。当店でがん闘病中の方にお勧めしているものをご紹介します。私も知人に教えてもらい、手間なく安心して続けやすいなぁと思い、毎日服用しています。美味しいです。
    がん克服の食事①で紹介したのもその一つです。

    手間なく、いつでも、簡単に長く続けられるものが必要です。

    秋田県産『とまとジュース』です。
    食品添加物は使用しておらず、トマトを搾ってパックしたものです。とにかく美味しくトマト嫌いな方でも大丈夫だと思います。秋田の大自然の肥えた大地ではぐくまれたトマトには、抗酸化力の強いリコピンをはじめ様々な微量成分が免疫力を正し、がんの微小環境を改善する効果に優れています。 ※当店でも販売しております。

    秋田県産『とまと&りんごジュース』です。
    厳選された秋田県産の良質なりんごを皮ごとそのままジュースにし、添加物は一切入っておりません。りんごは、抗酸化力に優れ、体内をアルカリ性にする働きに優れています。がんの微小環境の酸性による悪化を防ぐのに抜群です。また、腸内フローラを整え、抗炎症菌を育てます。がん細胞の増殖の原動力である慢性炎症を防ぐ効果も期待できす。 ※当店でも販売しております。

    インカインチプロテインパウダー(サチャインチの果実)
    甘味料や香料等添加物不使用の純植物性プロテインです。必須アミノ酸が豊富でかつバランスが良く、アミノ酸組成に優れた植物性のタンパク質を約60%(100g中60g)含んでいます。さらにカルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分等のミネラル、ビタミンB群、ω3脂肪酸、食物繊維などのマルチな栄養素も摂取できます。   ※当店でも販売しております。
    がんが進行(悪液質)して筋肉が急減少していく(サルコペニア)にも良質なたんぱく質の摂取が重視されています。

    『このようなものを毎日服用したりして頑張っています。』とお医者さんに言っても、そんなことやっても意味ないよ、そんなことでがんは治らないよと軽くあしらわれるでしょう。でもがん克服のために続けてください。ある意味お医者さんの言う事は正しいですが、間違っています。本当の意味で、がんと免疫のことを解かっているならそんな言葉は出てきません。

    今、日本のがん治療が成果を出せない最大の問題は、再発・転移を改善できないことにあります。新薬の抗ガン剤や最先端機器治療など、がん細胞を叩くことについてはどんどん開発が進んでいます。がんはいったんは小さくしたり、消したり、取り除いたりはできても、根本のがん細胞が発生する体内の状況(がんの微小環境など)が改善できない限り、必ずまた、がんの芽が吹きだし、転移・再発します。
    がん細胞の親玉のがん幹細胞は、体内から消してしまうことは絶対にできません。このがん幹細胞は、生き残るためにエクソソームなどの微量物質を放出し、転移場所・再発環境を整えようとします。体内の免疫網もサイトカインなどの微量物質を放出し、これに対応しようとします。ここには、自律神経・ホルモン・炎症物質などあらゆるものが複雑に絡んでいます。これらの一部分に薬剤を作用させて抑えようとしても、他のルートが異常活性化し悪さをしたり、がん幹細胞を刺激したりします。

    これらの体内の複雑に絡んでいるバランス・平衡状態を正常に戻していく工夫・発想が大切です。そうすることでがん幹細胞の暴走を防ぎ、再発・転移の芽を断ち切ることができるのです。そこには毎日・毎食の食事は大きく影響します。その他、身体を動かす、常に揺り動かす、リラックス・呼吸を深くゆっくりするように心がけたりしていくことです。すぐには変わりません。毎日・毎日、根気強く信じて続けてください。

    Animated Running Man Season 2 태조 왕건 Fort Minor Download the Love and War theater version
  • 2019年10月3日

    실적증명서

     

    免疫細胞が大集合している腸内を『短鎖脂肪酸』で満たすこと。

    そのためには、毎日、毎食『水溶性食物繊維』を摂りましょう。

    ω3脂肪酸も一緒に摂りましょう。(体内の慢性炎症を抑えます。

    ★腸から免疫を立て直そう。実際にがん患者さんの便には、短鎖脂肪酸がほとんどなく、健康な方の便には短鎖脂肪酸が多く含まれていることも解かっています。食物繊維は大きく『不溶性』と『水溶性』の2種類に分けられます。どちらも腸内環境を整える働きがありますが、善玉菌が特に好み、免疫の正常化に影響が大きいのが水溶性食物繊維です。具体的には、海藻類・きのこ類・根菜類やネバネバした食品です。最近の研究で、欧米など世界11か国と日本の健康な人の腸内細菌を詳しく比較したところ、驚くべきことがわかりました。日本人の腸内細菌は、食物繊維などを食べて『酪酸(短鎖脂肪酸)』など免疫をコントロールするような物質を出す能力が、他の国の人の腸内細菌よりずば抜けて高かったのです。

    ストレスや肝臓の疲れ、また、内臓脂肪、強い薬の副作用で、体内で炎症系サイトカインが放出され全身の体内は慢性炎症状態になります。この慢性炎症こそが、がん細胞の増殖・転移・再発の原動力です。特に再発・転移に関わるがん幹細胞の脅威です。抗ガン剤を投与するとがん細胞は次々と死んでいきます。一旦、がん細胞は消えてしまったように見えますが、しかし、がん幹細胞は生き残ります。抗ガン剤が効きにくいのです。この体内に残ったがん幹細胞が体内の慢性炎症状態を利用して、エクソソームなどを細胞外に放出して、自分自身が転移し増殖する環境を作り、栄養を引き込む血管を作り、免疫細胞を操っています。
    ここを断ち切るためには、腸内を短鎖脂肪酸で満たし、腸管の免疫細胞の正常化を促すことで、慢性炎症を改善し、正常なエクソソームの分泌を取り戻せます。がん克服の一番の力になります。

    원피스 버닝 블러드 아이튠즈 xp Download Movie Ducking Download the statue