HOME | お知らせ

お知らせ

  • 2019年9月15日

    상류사회 2018

           がん治療で再発を怖がりすぎるとはどういうことか?
    現在多くの総合病院で行われているガン治療は、がんの患部を取り除く場合、手術ならば、がんそのものよりもかなり大きな範囲を切除したり または、組織全部、念のために周りのリンパ節ごと切除する場合もあります。その上に念のために、抗ガン剤や放射線治療を追加する場合がほとんどです。

         果たしてそこまで必要でしょうか?どうして病院はそこまで治療を行うのでしょうか?
    お医者さんは、がん細胞が見えない部分にまだ残っているかもしれないからと、言います。見えないがん細胞に怖がりすぎて徹底的にやれるだけ、身体が耐えれるだけ、正常な細胞に負担をかけすぎてでも治療することが当たり前になっています。
    例えば、
    ●前立腺がん、ホルモン療法で、腫瘍マーカー(PSA)も落ち着いて正常にもかかわらず、いずれホルモン療法の効果もなくなるので今   のうちにと言う事で、放射線治療を行われます。
    ●早期の食道がんや胃がん、大腸がん などで、すべての患部を切除したにもかかわらず、追加で放射線や抗ガン剤治療を当たり前のように行います。
    ●乳がんで、小さなガンにもかかわらず、かなり大きな範囲を切除したり、リンパ節も切除したりいまだに当たり前のように行っている  病院がほとんどです。
    これが1年後の再発率の悪化をしかも強烈な悪性化を招いていることが、各国のがん専門研究機関のデータで解かってきました。

        逆に再発率がグーンと上がってしまうのはどうしてか?
    風邪やインフルエンザにかかった時に、薬を服用して悪化しすぎず、治していけますが、もし症状が回復して治ってきているにもかかわらず、ずーとつづけて薬を服用したらどうなりますか?副作用でかえって免疫が落ちてしまい肺炎などより重篤な状態になってしまいます。
    がん治療もそれと同じです。がん細胞と風邪やインフルエンザのウイルスとはもちろん違いますが、がん細胞も目に見える部分(病理検査・画像診断)や血液検査上で、大丈夫であれば、念のために追加で行う抗ガン剤や放射線治療は必要でしょうか?むしろがん細胞が多少からだのどこかに残っているとしても最終的には自身の免疫が対応するしかありません。もともとだれにでも、毎日体内で多くのがん細胞が発生しています。それを免疫細胞が対処しているのです。目に見えないがん細胞に怖がりすぎるのは良くありません。ある程度大きながんの部分だけ手術で切除したり、抗ガン剤や放射線で叩いた後は、小さなものや残った散らばっているがん細胞は、免疫細胞に任せる。そのために病院が言うがまま余計な治療で免疫を落としすぎないことのほうが遥かに大切です。体力・体重を落としすぎてまでの追加の治療(抗ガン剤・放射線治療)をやりすぎることによって、免疫細胞が調整不能となり、がん細胞のまわり(がん微小環境)が、がん細胞から分泌される物質で満たされてしまい再発・転移・悪液質(悪性化・改善不能)を招いてしまうことが明らかになっています。ただしこのような現状は多くの総合病院ではひた隠しされ、意味のない逆効果な治療が行われ続けられています。

         キーワードはがん微小環境の改善です。
    そのためには免疫の調整不能の改善です。体調が良いと思えるようにしていくことです。がん細胞が体内に多少あっても関係ありません。そのためには当たり前ですが、
    ●食事で工夫する。食べ方で工夫する。
    ●からだを少しづつでも動かしていく。
    ●ゆっくりのんびりとした時間をすこしでもつくる。睡眠も大切です。
    ●そして免疫調整不能の改善効果の研究が進んでいる、天然物・天然生薬の服用を勧めています。
    がん微小環境の改善にとって一番妨げになるのが、念のためにという理由で、からだの正常な細胞まで徹底的に痛めつかられるような過度な抗ガン剤や放射線治療です。徹底的にがん細胞を叩いたつもりが、逆に1年内の再発を招きます。

    情報の収集・選択は難しいのでご相談ください。
    多くの総合病院のマニュアル治療ではなく、いくつかの病院では、
    ●身体への負担を最小限にすることを最優先して新しい治療を取り入れたり、徹底して見落としが無いように最新機器を駆使して治療していく病院もあります。
    ●放射線や抗ガン剤治療も負担になりすぎないように、その人の体力を見極めながら低用量で良い結果に導いている病院もあります。
    ●難しい手術でも、腹腔鏡やロボット内視鏡手術(ダビィンチ)を駆使して行う病院も増えてきました。

    今や地元の病院だけにとらわれず、県外でも良い治療法があれば積極的に行動しましょう。
    再発を怖がりすぎず、身体に最小限の負担の治療で行い、その代わり経過観察は徹底してあらゆる角度から検討していける病院を選びましょう。

    また、がん微小環境の改善のためになるものの服用に関しても宣伝・広告・本・インターネットなど情報は膨大です。効きもせず、学会・研究データもないものがほとんどです。どれが本当に良いのかを見極めるのが大変です。

       そのような事に関しても遠慮なくご相談下さい。

    문명의 시대 유럽 Download the flashget video Download The Hungry Shark Bugedition 꿈해몽 다운로드