HOME | お知らせ

お知らせ

  • 2019年4月20日

    rpg 게임 다운로드

    『旬の食材パワー』を頂いて、体力・気力・免疫力を日々養いましょう!!
    からだは季節の変化に合わせて、気・血・水の巡りや五臓六腑の働き、力の入れどころを常に変化させています。基礎代謝・免疫力・自律神経なども同じように常に外界に対応し変化しています。それらの働きをその時、その季節に必要なかたちで補ってくれるのが『旬のもの』です。『旬』とは、その時季に必要な栄養素をしっかり補い、または、この先の季節に備えるために必要な栄養素を多く含んだものです。

    東洋医学の原点に『漢方薬は病の3割を治すが、食は7割を治す。』とあります。それだけ食養(主食になるもの、旬のもの)の大切さを重視し『食医』(食養生のお医者さん)が医療のトップに位置しています。
    『食(特に旬のもの)』はまさにからだ・こころを保ち、立て直す力です。旬のものは、その時季に数回しか食べないものもありますが、その数回でしっかり体を補い、準備をしてくれるのです。

    成分分析ではわからない不思議な力がつまっています。大切なことは成分分析上だけであれこれ頭で考えすぎないで、旬をいただくことです。自然と人間の営み(旬)には、栄養学・化学ではまだまだ解からないたくさんの大切な要素を含んでいます。

     

    마음이 2 다운로드 케이크 어플 Thrilling sheet music 남자친구 8회 다운로드
  • 2019年4月17日

    시간을 달리는 소녀 자막

    病院のがん治療を無駄にしないように!!
    がんの再発・転移の予防には何が必要か?

    病院のがん治療は進歩し、治療効果も良くなってきています。しかしその病院のがん治療だけになってしまうと、たとえ新薬や最先端の治療で、がんを小さくしたり、一時的にがんを消すことが出来ても、そのほとんどがまた再発・転移しています。実際のデータでもがんの転移・再発率は悪化し、治療期間は長期化し体力・免疫低下で多くの方が間質性肺炎、多臓器不全などで亡くなっています。

    そこでからだの根本の、免疫システムや細胞代謝の正常化を促すことが、がんの再発・転移を防ぐために一番必要なことです。

    そのために、漢方の考えや、天然生薬・正しい食事・運動などの働きを総動員して、病院の治療が無駄にならないようにサポートしています。

    各大学の基礎研究・学会発表で確実にがんに対してのデータを出し続けている天然生薬の働き

    がんに直接作用 ①がんの増殖する周期をストップする。(アポトーシス)

    ②がんが炎症を起こし、筋肉を溶かして、自らが増殖しやすい環境にしてしまう。その悪液質状態をストップする。(がん微小環境の改善)

    免疫を介しての作用 ①本来がん細胞をやっつける免疫細胞の正常化。

    ②免疫ネットワークの活動の復活化。(サイトカイン網の正常化)

    ●その他、抗ガン剤治療中・放射線治療中に副作用による間質性肺炎や骨髄抑制、体重低下などにより多くの命を落としています。
    このような場合にその副作用を防ぐ効果も証明されています。

    安全面に関しては、食事と同じくらい安全で、効果は学会で研究データが証明された優れているものしか扱っていません。その他、薬剤師が責任を持ってご説明いたします。

    Download the Windows 10 language pack 모바일 스타크래프트 다운로드 맥 글꼴 다운로드 타이쿤3