HOME | お知らせ

お知らせ

ガンになった時の正しい食事の考え方について!

2018年8月30日

ガンに対する正しい食事の考え方については、患者様が今置かれている状況によってちがいます。

ガンになりにくくするために、ふだん気を付けたほうが良い食事の考え方。

ガンになったが、まだまだ食欲あり、体重も体力もある場合の食事の考え方。

ガンの治療中で食欲もおち、目安として、普段の体重よりも5kg以上おちていたり標準体重の90%以下になっている場合の食事の考え方。

今回は、の場合に関して書いています。ガン専門相談のコーナーをぜひご覧ください。特に糖質をとって良いのか迷って悩んでいる方がほとんどではないでしょうか?ガンに糖を与えないにと言う事ばかりに目を奪われていると、違う要因で良くない場合もあります。最近流行りのように、マスコミや本、お医者さんまで糖質制限のことばかり勧める傾向にありますが、一方向からの狭い視野の考えだけで、それを状況に合わないまま強くこだわりすぎると良くない事もあります。その辺の微妙な理解がとても大切だとおもいます。迷ってわからない時はお気軽にお問い合わせください。