HOME | お知らせ

お知らせ

  • 2020年5月10日

    유튜브 뮤직 pc

    新型コロナウイルスについて様々な事が解かってきました。それに対する早めの対処薬も試され効果が期待されています。

    新型コロナウイルスは人の鼻・のど・目などの粘膜に付着し、増殖し、気管支・肺など体内に侵入します。またそこで増殖して、肺炎などを引き起こして重症化し場合によっては死に至ります。

    ウイルスが粘膜に付着したときに免疫がどれだけ早く反応して、ウイルスの増殖を抑えてしまうかが大切。 ⇐ 『ワクチン』の開発が世界各国の研究機関で急がれています。

    ウイルスの増殖を抑える薬           ・『アビガン』(新型インフルエンザ薬)
    (抗ウイルス薬)              ・『レムデシビル』(エボラウイルス薬)
    注意いずれ耐性ができ効かなくなる。     ・『イベルメクチン』(経口駆虫薬)

    肺炎の重症悪化防止に ⇐ 喘息治療薬『オスベルコ』吸入ステロイド薬。

    自身の免疫力の正常化 ⇐ 前回お伝えした 『漢方薬』『運動』『食』 など。

    新型コロナウイルスによる単なる肺炎の 重症化死 では説明がつかない急激な重篤化の原因が解かってきました。
    ウイルスが全身の血管を傷つけて炎症を引き起こす。そこを修復するために血小板が集まり血栓ができ、それが増大し血管を詰まらせる。または、ウイルスが全身に炎症を引き起こし、脱水になり普段より血液がドロドロになって血栓ができやすくなる。
    世界各国で治療にあたっている医師たちが驚くほど、新型コロナウイルスで亡くなられた人で血管の炎症・血栓症が多いと報告されています。
    オランダでは感染者184人を調べたら、38%の人に血栓症があったと報告。アメリカでも通常の7倍の確率で血栓症。中国の武漢市でも感染者の10%以上の人に血栓症。
    コロナで亡くなられた人の肺にびっしりと小さな血栓があった。
    コロナ患者20~40代の若年層で血栓が増大し、重度の脳梗塞など報告あり。
    コロナ感染の子供に川崎病のような全身の血管に炎症・血栓の症状がみられた。
    感染者の中に足指にしもやけのような症状が多くみられた。 など       ⇐   血栓・炎症の防止に、『抗血栓薬』『抗炎症薬』も試されています。

    自身の免疫が暴走(サイトカインストーム)、リウマチなどに似た病態。
    ウイルスに対する免疫反応が過剰(IL-6などのサイトカインが過剰に分泌される)になりすぎて、正常な細胞まで攻撃し、全身に炎症を起こし、多臓器不全になってしまう。     ⇐  免疫暴走を起こし重篤した患者に、関節リウマチ薬『アクテムラ』を投与したら全員改善したという報告もある。
    注意安易に使用すると、免疫を抑えられて逆に感染を悪化させてしまう。

    Download princesses and frogs Download mvc Excel Zodiac 트위치 애드온
  • 2020年5月9日

    Download the dvd player

    新型コロナウイルスが体内で一定以上増殖すると、
    ・ウイルスによる肺炎
    ・血管の炎症・血栓(または全身の炎症) が起こりやすく、死に至るケースがある。
    ・免疫細胞の暴走
    このことを念頭に置いて、抗ウイルス薬の早めの投与が検討され実行され始めています。しかし抗ウイルス薬は、増殖を抑えるもので、ウイルスを殺すものではありません。いったん体内に侵入したウイルスや増殖してしまったウイルスは免疫細胞が殺すしかありません。
    そこでこの免疫に良い『食』について、食養生的観点から書きました。加えて、抗炎症、抗血栓に良い『食』について、も記しています。

    ●免疫力にとって良い食 または、体内の炎症を防ぐ食 について、一般的な食事について皆さんよくご存じだと思います。

    ① 全身の免疫細胞の7割近く集合している腸管免疫に良い食品
    ★ 食物繊維、特に『水溶性食物繊維』これを毎日摂ることで腸内を『短鎖脂肪酸』で満たし免疫力アップに抜群。
    メカブもずくなど海藻、山芋オクラバナナなど・・・ネバネバ食品)
    ★ 納豆乳酸菌製品味噌オリゴ糖はちみつ、など腸内善玉菌を増やす食品。

    ② きのこ類、いも類、豆類、など免疫を刺激する多糖体を多く含む食品。

    ③ 身体を温め、血流を良くするもの
    にんにく生姜ネギニラごま など)

    ④ 抗炎症に良い食品くだもの緑黄色野菜など ビタミン、ポリフェノール類が多く含まれる抗酸化食品。
    ★ アルカリ性食品。(りんご梅干し酢の物など)
    ★ ω3オイル(アマニ油えごま油グリーンナッツ油)や 青魚アボカド など。

    ⑤ その他、免疫にとって ビタミンDがとても大切です。きくらげ干し椎茸かつおさんまたまご など)
    ※日光浴が一番体内にビタミンDを増やせます。

    漢方中医学の食養生的な『食』について
    【五臓の  を強化する食事。】
    五臓の肺の働きとは、
    『宣発』…外邪(細菌やウイルスなど)に対抗するバリアの役割である『衛気』を全身隅々まで、体表に巡らせる働き。 ⇐ 免疫力のこと!!
    『粛降』…清気(酸素など)を深く体内に取り入れる働き。 ⇐  炎症・乾燥を一番嫌う。!!

    これらの働きがとても重要で、免疫全般を司っています。また  と  は表裏の関係にあり 肺の働き腸管免疫は密接に関わっています。

     肺 に良い食養生
    レンコン、ユリ根、しそ、銀杏、ねぎ、玉ねぎ、にら、大根、アスパラ、春菊、セロリ、らっきょう、うめ、ニンニク、生姜、のり、ぶどう、あんず、なし、かりん、かりん、金柑、びわ、レモン、はちみつ など。
    これらの食材を毎日の食事にぜひ取り入れて、免疫力の強化に役立てて下さい。

    肺の働きは、まわりの筋肉が硬くなると、どんどん機能が弱くなっていきます。
    胃腸を良く動かす体操や、腹式呼吸で横隔膜をよく動かしておくことも大切です。

     

    파이참 32비트 mp4 변환기 다운로드 Download Season 3 아날로그
  • 2020年5月4日

    Download Zelda dlc

    前回、新型コロナウイルについて最初に原稿を書いたのが3月23日です。この時、『コロナウイルスにばかり気を付けている間に、他の方面が悪影響を受けて健康を害すことは多々あります。』と危惧していました。それから約40日、今世界の各国は、コロナ感染防止策と経済活動緩和を考えて、全体のリスクを分析・想像してバランスを取り始めています。多少の感染はしょうがない、コロナで死ぬか経済悪化で死ぬかになってはいけないからです。
    日本の専門家の中にも、このまま国の政策だと、コロナ感染死のリスクよりも、活動低下による持病悪化死や経済悪化による死(自殺など)のリスクが大きくなることを指摘しています。
    今回のような難局は必ずまた起きます。それは歴史が証明しています。
    そんな中、医師として感染症が流行する世界各地の最前線で活動してきた長崎大学、山本太郎 教授のコメントがとても重要だと感じ、簡単に下記しました。

    私たちの人間の営みが、未知のウイルスを人間界にもたらしてきた。人間の目には、ウイルスなどの病原体が自然と勝手に流行しているように映るが、そうではない。実は人間社会のありようが、感染の広がりなどを決定付けていると。またパンデミックの後、社会が一変した過去の例についても語っています。
    かつて中世のペストの流行は、中世のヨーロッパ社会を大きく変えていきました。ペストはヨーロッパの人口を3分の1ぐらいに減少させた。その後ヨーロッパの中世は終えんを迎えて、近代が始まると言う事が起こった。過去100年で見るとスペイン風邪、エボラウイルス、エイズ、SARS、MARS、そして今回の新型コロナウイルス、頻度が加速している。
    今回の新型コロナも、コロナ終息後の世界をおそらく変えるというか、今と違う世界が恐らく表れてくるのではないかと個人的には思っています。発展を至上とした価値観というのは、変わる時期に来ていたのかなという気がしています。自然の環境の中において我々が変わりながら常にそこに適応するというか、その中で生きていく、生き方を模索する。経済的な拡大とは違う価値観であるべきなんだろうという気がしています。人間が地球の中で、こんなに多様な環境の中に進出できたのも、我々が感染症に対する免疫を失わずに獲得してきた結果である。今回のコロナウイルスについても人的被害を最小にしつつ、集団として免疫を獲得していくというのが、目指すべき方向だと思っています。
    私たちが自然の一員である限り、感染症は必ず存在する。感染症は撲滅できない。ウイルスとの共生という考えが大切。そうした中で、回避しなくてはならないというのは、大きな人的被害をもたらすこと、あるいは、社会機能の破綻をもたらすことであって、感染症そのものが存在することではない。社会機能を破綻させなければ、我々はうまく付き合っていける可能性があるわけです。
    次の社会を考えることが、未来への希望につながる。新型コロナウイルスのあとの社会を、希望をもって想像することで、明日からの行動につなげていくという非常に大切なメッセージです。

    今日本にとって大切な事は
    もし感染しても重症化死 を防ぐことだと思います。そのためには自身の免疫の正常化です。前回『運動』『漢方』など紹介しましたが『食』『効果が期待できる薬』についても次回紹介します。
    今の感染状況の実態把握です。抗体検査、抗原検査を1日も早く大勢に実施することだと思います。本気でやる気があればすぐできます、他国はあっという間に実施しています。PCR検査は今体内にウイルスを持っている持っていないの判断には役に立ちますが大勢に一気に検査することは不可能です。
    病院・医療従事者への早急な物資・人員・予算の補充です。何もかも全く足りていません。
    重症化の場合、病院しか命を救えません。ここの強化は重大です一人一人注意して、重症化しやすいお年寄り、持病の方、妊婦に絶対に感染させないように常に意識することも大切です。
    感染予防の『換気』です。手洗い・マスクも大切ですが、それよりはるかに大切なのは換気することです。
    感染の実態把握(市中感染)ができていない日本の場合、今はまだむやみな人との接触・密集を控えて最小限にして行動することだと思います。

    これから先、感染が怖くても身ごもりばかり続けることはできません。そうなると感染に気を付けながら行動や経済活動を再開していくことになります。その時に大切な考えが、山本教授が語られた『ウイルスとの共生』や冒頭に記したキーワード『バランス』の考えです。上記の事に気を付けながら行動再開していくこと、感染しないように怖がってばかりではなく感染しても重症化しないように免疫を意識すること、感染の実態を注視しつつ行動制限・緩和を想像していくこと。それでももし重症化しても病院が正常に機能しつづけ、効果のある薬が使えるようになり、ワクチンも開発されてくると死を防げます。そして先人から受け継がれた英知の免疫があります。極端に怖がり過ぎず、『繊細かつ大胆に』の言葉のように、分析し想像力を働かせ注意を払いながら勇気をもって行動していく時期に来ていると思います。
    本当は首相・政治家・国がその舵取りを担うべきですが、いざという時はまったく役にたたないと痛感しました。実態把握もせず、危機感・想像力・責任感…なにもかも皆無です。この一刻を争う時に、なにもかも遅いし、的外れ、適当で責任感も想像力も無いようです。日々、人の命が失われているのに。
    そんな中山本教授のような自然観を、一人一人が、自分も含め、ぜひもう一度認識して頂いてこの難局を乗り越える想像力に生かしてほしいと思います
    次回は免疫にとって大切な『食』について書きます。

    안나 의 실수 Download Incheon Landing Operations 세이브 축구 launchy 다운로드
  • 2020年3月23日

    스펙터클

    新型コロナウイルスは世界各地で広がり続けています。日本でも毎日報道され、専門家の方々が各メディアで様々な意見を述べています。今回のコロナウイルスに関しては、専門家の間でも意見が多岐に分かれています。各専門家や国が発している事はどれも正しいことだと思いますが、それらを真面に聞き入れてばかりでは良くないと思います。
    コロナウイルスに感染しないようにと気を付けて行動も制限し、普段の行いも制限している間に、身も心も萎縮していないですか?大丈夫ですか?

    コロナウイルスにばかり気を付けている間に、他の方面が悪影響を受けて健康を害すことは多々あります。先の見通しが立つものならば良いですが、コロナウイルスに関しては、全く見通しが立たない状況です。各専門家が発言している感染ルートや収束期間などは、希望や憶測でしかありません。コロナウイルスのような自然界で起こる事、目に見えないものはコントロールできないのが現状です。しかし自身の身体は免疫を正常に保ち感染しにくい状態にコントロールしていくことは可能です。
    感染期間が長引けば長引くほど、怖がってばかりはいられない、情報を気にしてばかりはいられない、と言う覚悟を持ってなるべく普段通り行動していくことだと思います。

    大切なことは、身体の内から強くしていくことだと思います。もし感染しても重症化しないことが何よりも大切です。今回の新型コロナウイルスはさほど病原性は強くないと言われています。しかし現状は重症化して亡くなられている方も多々います。数年前から世界の感染対策専門機関が監視を続けている新型鳥インフルエンザ(H5N1型高病原性)があることをご存知でしょうか?このウイルスは強毒型で非常に病原性が高いことが解かっていて、もしこのウイルスが人への感染力を獲得してしまうと非常に致死率も高く恐れられています。すでに毎年、数は少ないですが人への感染も報告されています。
    言い方は悪いですが、今回の弱毒型のコロナウイルスでさえ、このような日本の政府・専門家の対応・考え方では、いざと言う時は何もできない、頼れないと実感しました。

    この機会に各人が少しでもウイルスと免疫の関係を正しく理解して、自身の内から免疫を強くする発想を持っていてほしいと思います。
         おなじウイルスに感染して、重症化する人、重症化しない人がいます。その違いは何でしょうか?
    ウイルスは人の粘膜などに付着してそこで増殖したり、粘膜から体内に侵入して増殖しようとします。それに対抗して免疫細胞がいち早くウイルスを察知して、サイトカインという物質を全身に放出して他の免疫細胞にウイルスの存在を知らせます。そして最終的には免疫細胞がウイルスを退治します。しかしウイルスを察知するのが遅れたり、察知しても全身の免疫細胞に伝えるスピードが遅かったりすると、その間にあっという間にウイルスの大量増殖を許してしまいます。そうなるとウイルスに侵されてしまい重症化します。『ウイルスの増殖・侵入のスピード』と『免疫細胞の対応スピード』の勝負なのです。

    ウイルスに対して、ワクチンは作れても薬はありません。ワクチンとは免疫細胞がウイルスを素早く察知できるように手助けするものです。細菌に対しては、細菌を退治する薬がありますが、ウイルスに対して薬は無く、ワクチンが退治するわけでもなく、ウイルスを退治するのは免疫細胞のみです。必ず免疫細胞は遅かれ早かれ、弱かれ強かれウイルスに対応します。その証の一つが発熱です。

     その免疫細胞が、素早く、強く、ウイルスに対抗するには、『身体を動かし運動する』ことです。

    ウイルスになるべく接触しない注意は必要ですが、何もかも自粛〃の発想ばかりでは良くありません。なるべく身体を動かし、血流・リンパ液を巡らし免疫細胞がいち早くウイルスに対応できるようにしておくことが大切です。運動して汗をかくことで、内から外へ流れを作り、細胞の活性化にもなりウイルスに感染しにくくなります。
    具体的には、時間が無い方は時々でも良いので30分以上連続で運動することが望ましいです。早歩きや階段の上り下りでも良いし、家の中で踏み台昇降もおすすめです。特に踏み台昇降は場所も取らないし、テレビなど見ながら天候に関係なくできます。体の弱い方もご自身の体力に合わせて行えます。初め30分はきついですが慣れてくると楽にできるようになります。慣れてきたら徐々に台の高さを上げていってください。
    運動して10~15分までは、身体がウォーミングアップしている段階で、徐々に自律神経が切り替わり、血流もアップし始め、身体も温まってきます。
    15~30分以降になると、身体が活動モードに切り替わった段階で、汗が出始め、心拍数も上がり細胞が活性化して、酸素のやり取りも活発になり、余計なもの悪いものはも内から外へ排出されます(ウイルスも発散)。水分補給も忘れずに!!
    ウイルスに感染しないようにびくびく萎縮することばかりではなく、動いて、動かして身体を萎縮させないようにして、免疫を正常に保つ発想に変えていきましょう。

    運動以外でウイルスに対して免疫の対応力を補う方法。
    表証…ウイルスに感染しはじめで、まだ体内に侵入していない状態。寒気やくしゃみ・鼻水・せき・頭痛などがあり、発熱も始まる時期(免疫が発動し始める時)⇦ウイルスが入り込まないように内から外へ追い出す力を助ける発散性の解表薬を使う。葛根湯や麻黄湯のような麻黄剤など。
    注意!!この時期を過ぎてしまうと上記の葛根湯や麻黄湯のような強い麻黄剤は使用してはいけません。逆に体力消耗・免疫低下を招いてしまいます。
    ウイルスの侵入を予防する目的で長期に服用できる麻黄製剤(体力を補うものも入り、お年寄りや・妊婦・幼児も服用できるようにしている。)もあります。

    半表半裏証…ウイルスが粘膜だけでなく体内に入り込み始めている状態。食欲が落ち・熱が続き・からだが重だるく体力が落ちはじめ脱水も進んでくる時期(免疫細胞が必死に戦っている時)⇦血流・リンパ液の流れを巡らし、炎症悪化を防ぐ柴胡剤を使う。
    注意!!この時期から徹底して水分補給し脱水を早めに予防すること。

    裏証…ウイルスが完全に体内に侵入し増殖・炎症を起こしている状態。熱が出たり引いたりして、脱水も進み、息苦しく、脈も速くなり呼吸も浅く重症化の時期(自身の免疫細胞だけではウイルスに負けている時)⇦とにかく体力を補う補剤を使う。
    注意!!何か手を打たなければ命が危ない状態です。

    このような時には、一般的な漢方処方では歯が立ちません。その時は麝香・牛黄製剤を多量に服用します。この麝香即効的に脈や呼吸そして免疫力の正常化効果があります。また牛黄にも炎症を消し血液を巡らせる効果に優れています。いざという時はこれしかないと言っても過言ではありません。ぜひ覚えておいてください。

    ●その他…多糖体や水溶性リグニンなどを多く含む免疫に優れた免疫商品も効果的です。
    多糖体…免疫活性(調整)作用
    水溶性リグニン…抗ウイルス作用、抗酸化炎症作用、免疫活性(調整)作用など
    が多くの研究機関で学会発表されているものです。

    新型コロナウイルスで一番大切な事は、高齢者、重い持病のある方、妊婦、幼児だけは、徹底して注意を払い、その周りの方は感染させないように注意して、その方々のために病院(病床)を空けておきましょう。

    今回の新型コロナウイルスを機に、いずれ来る強毒型(H5N1型)ウイルスにも備えるつもりで、積極的に身体を動かして免疫力を保つ習慣を身につけてほしいと思います。

    Download the Omron plc program Autocad 2014 Korean edition 질러팅 Rix Square Gothic l
  • 2020年1月16日

  • 2020年1月6日

    영화 좋아해줘

    明けましておめでとうございます。今年も、皆様の健康面での不安が少しでも改善できるように、原因改善に努めて参ります。

    今年は特に、身体を正しく動かし日々運動することで病気・症状の改善につながることをお伝えしていきます。筋肉細胞や脂肪細胞から放出される有益なホルモン様物質が、 免疫系・循環器系 や 神経(自律神経など)を正常化する働きにかなり大きな影響を与えます。日本人の死因の約2/3は、癌など(免疫系)や 心臓・脳・血管など(循環器系)です。そのために必要な正しい身体の動かし方や呼吸法などにを具体的にお伝えしていきます。

    나눔스퀘어 extrabold 다운로드 기생충 대본 다운로드 Chinatown lrc 가사 다운로드
  • 2019年11月1日

    프로젝트 아크 무료

     

     

    【食が体内を正常へ変える力は大きい】と言う事を知っている人は、がんを克服できていると実感することが多々あります。

    今、がん治療の方向は、早期発見して、早く切除したり、または、がん細胞を抗ガン剤や放射線でどんどん叩くことです。しかし、早いうちに一気にがん細胞を叩く治療を進歩させてきたにもかかわらず、どうしてがんで亡くなる方が増加の一途をたどっているのでしょうか?
    それは、がん細胞が発生し増加しやすくなっている、体内土壌の改善を実行していないからです。具体的には、正しい食事や少しでも身体を動かし、凝り塊をほぐし、血流を回復させる努力です。
    抗ガン剤などは目に見えてがん細胞を小さくしますが、一時的にどんなにがん細胞を小さくしても、それだけになってしまうと必ずまた再発します。
    正しい食事や運動など日常のあたりまえのことを続けてもがんに対しては何の効果もないと思いがちですが、すぐには効果がないことを毎日・毎日、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続けるうちに必ず、がん細胞が発生・増殖しやすい体内土壌が改善し正常化していくことを知ってください。
    すぐには効果として表れなくても、毎日続けることで、がんの根治や転移・再発の芽を断ち切る、勝機があるのです。
    心の働きや食、運動、呼吸などにより、身体内に様々なホルモンが分泌されます。がんと免疫に大きく関与するエクソソームサイトカインなども大きく変化します。これらを正常な分泌に立て直すことが、大きな改善力を生み出すのです。
    最近の研究で、がん細胞の転移には、接着因子と言う分子が増えることが解かっています。ここには先ほどのエクソソームが大きく関与していますが、このエクソソームに善玉として働き予防するものが食に含まれていることも解かってきました。抗酸化力の強い食がそれにあたります。逆に動物性の強い食材は、悪玉に働きやすいものが多いです。
    また、一部のリウマチの薬心臓の薬糖尿の病薬にも、このがん細胞の転移に必要な接着因子の増加を予防する効果があることが解かってきました。
    まずは正しい食事を心がけて続けてみてください。

    手軽に続けやすい効果のある食として、食①・食②でも紹介しています。
    今回は、きのこ汁豆スープです。

    きのこたっぷり汁…しいたけ・まいたけ・しめじ・なめこ・えのきたけ・エリンギなど様々なきのこを入れてみそなどでお好みに味付け。

    きのこには、免疫に良い多糖体が豊富にふくまれていて、ぬめり成分が炎症を予防し、食物繊維も豊富で腸管免疫に抜群です。

    豆スープ…様々なまめに、ゴマをたっぷり入れて、ニンニクや生姜など入れてお好みに味付け。
    豆類にはサポニンなど細胞のがん化を抑制する成分が豊富で、しかも強力な抗酸化作用の成分も多くがん予防に効果が大きいです。食物繊維も豊富で、腸管免疫を改善します。

    ●きのこ類と豆類を混ぜて一緒に味付けしても最高のがん克服食になります。
    そこに小さく刻んだカボチャやニンジンなど入れても最高です。食欲がなく食べれない時はそのスープだけでも飲んでみてください。

    Download youtube data Download Minecraft 1.8.0 apk 구글 캘린더 다운로드 Download the long-term line
  • 2019年10月12日

    msvcp120 dll 다운로드

    ★手間がかからず、しかも保存料・添加物も無しの安全で効果のあるものを見つけてください。!!

    がんになった時、特に抗ガン剤治療中に何が一番大変か?
    食欲もなく、簡単な食事を準備する気力・体力もないくらいに身体もだるい状態で、身体に良い食事やがんに効果のある食事が解かっていたとしても、毎日・毎食・長く続けていくことはとても負担がかかりストレスになりかねません。当店でがん闘病中の方にお勧めしているものをご紹介します。私も知人に教えてもらい、手間なく安心して続けやすいなぁと思い、毎日服用しています。美味しいです。
    がん克服の食事①で紹介したのもその一つです。

    手間なく、いつでも、簡単に長く続けられるものが必要です。

    秋田県産『とまとジュース』です。
    食品添加物は使用しておらず、トマトを搾ってパックしたものです。とにかく美味しくトマト嫌いな方でも大丈夫だと思います。秋田の大自然の肥えた大地ではぐくまれたトマトには、抗酸化力の強いリコピンをはじめ様々な微量成分が免疫力を正し、がんの微小環境を改善する効果に優れています。 ※当店でも販売しております。

    秋田県産『とまと&りんごジュース』です。
    厳選された秋田県産の良質なりんごを皮ごとそのままジュースにし、添加物は一切入っておりません。りんごは、抗酸化力に優れ、体内をアルカリ性にする働きに優れています。がんの微小環境の酸性による悪化を防ぐのに抜群です。また、腸内フローラを整え、抗炎症菌を育てます。がん細胞の増殖の原動力である慢性炎症を防ぐ効果も期待できす。 ※当店でも販売しております。

    インカインチプロテインパウダー(サチャインチの果実)
    甘味料や香料等添加物不使用の純植物性プロテインです。必須アミノ酸が豊富でかつバランスが良く、アミノ酸組成に優れた植物性のタンパク質を約60%(100g中60g)含んでいます。さらにカルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分等のミネラル、ビタミンB群、ω3脂肪酸、食物繊維などのマルチな栄養素も摂取できます。   ※当店でも販売しております。
    がんが進行(悪液質)して筋肉が急減少していく(サルコペニア)にも良質なたんぱく質の摂取が重視されています。

    『このようなものを毎日服用したりして頑張っています。』とお医者さんに言っても、そんなことやっても意味ないよ、そんなことでがんは治らないよと軽くあしらわれるでしょう。でもがん克服のために続けてください。ある意味お医者さんの言う事は正しいですが、間違っています。本当の意味で、がんと免疫のことを解かっているならそんな言葉は出てきません。

    今、日本のがん治療が成果を出せない最大の問題は、再発・転移を改善できないことにあります。新薬の抗ガン剤や最先端機器治療など、がん細胞を叩くことについてはどんどん開発が進んでいます。がんはいったんは小さくしたり、消したり、取り除いたりはできても、根本のがん細胞が発生する体内の状況(がんの微小環境など)が改善できない限り、必ずまた、がんの芽が吹きだし、転移・再発します。
    がん細胞の親玉のがん幹細胞は、体内から消してしまうことは絶対にできません。このがん幹細胞は、生き残るためにエクソソームなどの微量物質を放出し、転移場所・再発環境を整えようとします。体内の免疫網もサイトカインなどの微量物質を放出し、これに対応しようとします。ここには、自律神経・ホルモン・炎症物質などあらゆるものが複雑に絡んでいます。これらの一部分に薬剤を作用させて抑えようとしても、他のルートが異常活性化し悪さをしたり、がん幹細胞を刺激したりします。

    これらの体内の複雑に絡んでいるバランス・平衡状態を正常に戻していく工夫・発想が大切です。そうすることでがん幹細胞の暴走を防ぎ、再発・転移の芽を断ち切ることができるのです。そこには毎日・毎食の食事は大きく影響します。その他、身体を動かす、常に揺り動かす、リラックス・呼吸を深くゆっくりするように心がけたりしていくことです。すぐには変わりません。毎日・毎日、根気強く信じて続けてください。

    Animated Running Man Season 2 태조 왕건 Fort Minor Download the Love and War theater version
  • 2019年10月3日

    실적증명서

     

    免疫細胞が大集合している腸内を『短鎖脂肪酸』で満たすこと。

    そのためには、毎日、毎食『水溶性食物繊維』を摂りましょう。

    ω3脂肪酸も一緒に摂りましょう。(体内の慢性炎症を抑えます。

    ★腸から免疫を立て直そう。実際にがん患者さんの便には、短鎖脂肪酸がほとんどなく、健康な方の便には短鎖脂肪酸が多く含まれていることも解かっています。食物繊維は大きく『不溶性』と『水溶性』の2種類に分けられます。どちらも腸内環境を整える働きがありますが、善玉菌が特に好み、免疫の正常化に影響が大きいのが水溶性食物繊維です。具体的には、海藻類・きのこ類・根菜類やネバネバした食品です。最近の研究で、欧米など世界11か国と日本の健康な人の腸内細菌を詳しく比較したところ、驚くべきことがわかりました。日本人の腸内細菌は、食物繊維などを食べて『酪酸(短鎖脂肪酸)』など免疫をコントロールするような物質を出す能力が、他の国の人の腸内細菌よりずば抜けて高かったのです。

    ストレスや肝臓の疲れ、また、内臓脂肪、強い薬の副作用で、体内で炎症系サイトカインが放出され全身の体内は慢性炎症状態になります。この慢性炎症こそが、がん細胞の増殖・転移・再発の原動力です。特に再発・転移に関わるがん幹細胞の脅威です。抗ガン剤を投与するとがん細胞は次々と死んでいきます。一旦、がん細胞は消えてしまったように見えますが、しかし、がん幹細胞は生き残ります。抗ガン剤が効きにくいのです。この体内に残ったがん幹細胞が体内の慢性炎症状態を利用して、エクソソームなどを細胞外に放出して、自分自身が転移し増殖する環境を作り、栄養を引き込む血管を作り、免疫細胞を操っています。
    ここを断ち切るためには、腸内を短鎖脂肪酸で満たし、腸管の免疫細胞の正常化を促すことで、慢性炎症を改善し、正常なエクソソームの分泌を取り戻せます。がん克服の一番の力になります。

    원피스 버닝 블러드 아이튠즈 xp Download Movie Ducking Download the statue
  • 2019年9月15日

    상류사회 2018

           がん治療で再発を怖がりすぎるとはどういうことか?
    現在多くの総合病院で行われているガン治療は、がんの患部を取り除く場合、手術ならば、がんそのものよりもかなり大きな範囲を切除したり または、組織全部、念のために周りのリンパ節ごと切除する場合もあります。その上に念のために、抗ガン剤や放射線治療を追加する場合がほとんどです。

         果たしてそこまで必要でしょうか?どうして病院はそこまで治療を行うのでしょうか?
    お医者さんは、がん細胞が見えない部分にまだ残っているかもしれないからと、言います。見えないがん細胞に怖がりすぎて徹底的にやれるだけ、身体が耐えれるだけ、正常な細胞に負担をかけすぎてでも治療することが当たり前になっています。
    例えば、
    ●前立腺がん、ホルモン療法で、腫瘍マーカー(PSA)も落ち着いて正常にもかかわらず、いずれホルモン療法の効果もなくなるので今   のうちにと言う事で、放射線治療を行われます。
    ●早期の食道がんや胃がん、大腸がん などで、すべての患部を切除したにもかかわらず、追加で放射線や抗ガン剤治療を当たり前のように行います。
    ●乳がんで、小さなガンにもかかわらず、かなり大きな範囲を切除したり、リンパ節も切除したりいまだに当たり前のように行っている  病院がほとんどです。
    これが1年後の再発率の悪化をしかも強烈な悪性化を招いていることが、各国のがん専門研究機関のデータで解かってきました。

        逆に再発率がグーンと上がってしまうのはどうしてか?
    風邪やインフルエンザにかかった時に、薬を服用して悪化しすぎず、治していけますが、もし症状が回復して治ってきているにもかかわらず、ずーとつづけて薬を服用したらどうなりますか?副作用でかえって免疫が落ちてしまい肺炎などより重篤な状態になってしまいます。
    がん治療もそれと同じです。がん細胞と風邪やインフルエンザのウイルスとはもちろん違いますが、がん細胞も目に見える部分(病理検査・画像診断)や血液検査上で、大丈夫であれば、念のために追加で行う抗ガン剤や放射線治療は必要でしょうか?むしろがん細胞が多少からだのどこかに残っているとしても最終的には自身の免疫が対応するしかありません。もともとだれにでも、毎日体内で多くのがん細胞が発生しています。それを免疫細胞が対処しているのです。目に見えないがん細胞に怖がりすぎるのは良くありません。ある程度大きながんの部分だけ手術で切除したり、抗ガン剤や放射線で叩いた後は、小さなものや残った散らばっているがん細胞は、免疫細胞に任せる。そのために病院が言うがまま余計な治療で免疫を落としすぎないことのほうが遥かに大切です。体力・体重を落としすぎてまでの追加の治療(抗ガン剤・放射線治療)をやりすぎることによって、免疫細胞が調整不能となり、がん細胞のまわり(がん微小環境)が、がん細胞から分泌される物質で満たされてしまい再発・転移・悪液質(悪性化・改善不能)を招いてしまうことが明らかになっています。ただしこのような現状は多くの総合病院ではひた隠しされ、意味のない逆効果な治療が行われ続けられています。

         キーワードはがん微小環境の改善です。
    そのためには免疫の調整不能の改善です。体調が良いと思えるようにしていくことです。がん細胞が体内に多少あっても関係ありません。そのためには当たり前ですが、
    ●食事で工夫する。食べ方で工夫する。
    ●からだを少しづつでも動かしていく。
    ●ゆっくりのんびりとした時間をすこしでもつくる。睡眠も大切です。
    ●そして免疫調整不能の改善効果の研究が進んでいる、天然物・天然生薬の服用を勧めています。
    がん微小環境の改善にとって一番妨げになるのが、念のためにという理由で、からだの正常な細胞まで徹底的に痛めつかられるような過度な抗ガン剤や放射線治療です。徹底的にがん細胞を叩いたつもりが、逆に1年内の再発を招きます。

    情報の収集・選択は難しいのでご相談ください。
    多くの総合病院のマニュアル治療ではなく、いくつかの病院では、
    ●身体への負担を最小限にすることを最優先して新しい治療を取り入れたり、徹底して見落としが無いように最新機器を駆使して治療していく病院もあります。
    ●放射線や抗ガン剤治療も負担になりすぎないように、その人の体力を見極めながら低用量で良い結果に導いている病院もあります。
    ●難しい手術でも、腹腔鏡やロボット内視鏡手術(ダビィンチ)を駆使して行う病院も増えてきました。

    今や地元の病院だけにとらわれず、県外でも良い治療法があれば積極的に行動しましょう。
    再発を怖がりすぎず、身体に最小限の負担の治療で行い、その代わり経過観察は徹底してあらゆる角度から検討していける病院を選びましょう。

    また、がん微小環境の改善のためになるものの服用に関しても宣伝・広告・本・インターネットなど情報は膨大です。効きもせず、学会・研究データもないものがほとんどです。どれが本当に良いのかを見極めるのが大変です。

       そのような事に関しても遠慮なくご相談下さい。

    문명의 시대 유럽 Download the flashget video Download The Hungry Shark Bugedition 꿈해몽 다운로드